良さが浸透

男性

継続的改善の魅力

ISO9001の規格が登場してから、かなりの年月が経過している中で、ここにきて、新たに認証取得を目指す会社が多くなっています。これまで以上に国際的にな取引が進められており、新規取引先が海外企業ということも少なくない現状で、海外から見ても、ISO9001の認証取得はその企業がどういった取り組みをしているかを知る上で、重要な評価ポイントの一つになっているのです。一方で、ISO9001の認証取得については、一度認証取得を行った後も、サーベイランス、更新といった継続していくための審査があるだけではなく、規格改正の際には、再度審査を受ける必要があります。そのため、一度受けた認証は、過去のものではなく、現在進行形のものとして、評価されることとなり、更新のたびに精査された規格は、より現実的に修正がなされているのです。その為、ISO9001の規格には、実際の企業活動を正常に保つための要素が多く詰め込まれており、認証取得企業は一定の評価を受けることとなるのです。実際、この規格に沿った活動をしていく場合、キーワードとなる継続的改善を真摯に受け止め、実践して行くことで、よいものはよい、悪いものは悪いといった企業風土を作り上げることができます。また、ISO9001の規格には、作業者が変わっても一定の品質が保たれるような仕組みが組み込まれていることで、企業として、一定のサービスを保つことができる点も評価されています。